太陽発電

メリット

太陽光発電という言葉を最近耳にすることが増えてきています。太陽のエネルギーを使って発電する方法ですが、今は自宅にも設置出来ます。企業で産業用として取り扱っているところが増加しています。

契約の流れ

産業用の太陽光発電を取り入れたいと考えた際、どこにどうやって契約を依頼したらいいか始めは分からないことでしょう。そこで産業用として取り入れる際の流れや方法を紹介していきます。

設置場所

産業用として太陽光発電を設置したいとき、企業の大きさによっては、どこに設置したらいいかなど疑問点も多いことでしょう。設置場所や設置方法などを簡単に紹介していきます。

費用

太陽光発電を産業用として取り入れるときに、どれほどの費用が設置などにかかるのか気になる点です。企業に負担がかからない程度なのかなど、費用面について紹介していきます。

維持と管理

太陽光発電を産業用で設置した後、維持や管理はどういった形で、どのくらいの頻度でなどは、設置前に必ず確認しておきましょう。メンテナンスが簡単だと言われている維持や管理などについて紹介します。

売るという方法

太陽光発電を日頃、産業用として扱う中で発電した電気を売るという方法もあります。地域の電力会社に買い取ってもらうのです。その買取方法や流れについて紹介していきます。

太陽を味方に

青い空の雲の下の太陽

多くの電力が使用されている工場を省エネにするには、まず電力がたくさん使われているところを把握する必要があります。

地球の資源は、限られています。
水も、石油も、いつまでも無くならないというものではありません。
一人ひとりが、資源を大切に考えないといけなくなってきています。
その中で、太陽電池というものを用いて、太陽のエネルギーを直接、今私達が使っている電気に変える発電方法があります。
それが太陽光発電です。
地球には紫外線も含めて地球全体に太陽エネルギーが降り注いでいます。
そのエネルギーを電気として仮に100%変換可能なら、世界の年間消費エネルギー量を1時間ほどで補うことが出来る画期的なものです。
日本では、エネルギー資源が乏しく、ほとんどを輸入という形でまかなっています。
世界的にも資源不足が懸念されているので、太陽光発電は今後のエネルギー資源問題を解決する大きな発明といえるでしょう。

太陽光発電は、自宅の屋根に取り付けて、自宅の電気を全てその太陽光発電で得たエネルギーでまかなうことも出来ます。
また最近では、企業で産業用として取り付けるところが増えています。
石油などで行なう火力発電のように二酸化炭素が出るわけではないので、環境にも優しく、メンテナンスも簡単です。
比較的寿命が長く、使われる電池は20年以上持つと言われているので、産業用として用いるには費用もかからず便利です。
企業であれば、産業用を取り入れて、環境問題に取り組むということだけで企業のイメージがアップに繋がります。

自宅用でも普及し始めた太陽光発電ですが、産業用としておおいに期待されています。
産業用の太陽光発電は規模も大きいため、災害時の電力確保が出来るという点も魅力の一つです。
電気代を支払うよりかは、自社で発電してまかなう方が経済的で、かつ地球環境にも良い方法です。

オススメリンク

  • 株式会社エコプラン

    デマンドコントロールを取り入れることで省エネ対策を行なうことができるようになっています。詳細が知りたいならこちらにアクセス!