太陽発電

設置場所

手をひろげる人

今地球では大変なエネルギー問題に直面しています。
まずエネルギー資源が足りません。
石油や石炭が全くとれない国は輸入に頼るしかありません。
また、石油や石炭などは有限のものであり、将来的にはどうしても枯渇してしまいます。
しかし、半永久的にあるエネルギー、それは太陽エネルギーです。
太陽からは基本的に太陽光として地球に降り注いでいます。
しかし今現在ではそのほとんどを有効活用していません。
そして地球から宇宙などに反射してしまっています。
このエネルギーをうまく使うことが出来れば、エネルギー不足も解消でき、石油や石炭なと有限の資源の減少も押さえることができます。
さて、この太陽光はどうやって利用可能なものに変えるのでしょうか。

まず一つとして太陽電池というものがあります。
広い範囲の土地に太陽電池を置いて大規模な発電方法があり、その太陽電池を買うことで発電した分お金がもらえるというシステムもあります。
他にも家の屋根や庭に太陽電池を置くことで生活に必要な電力の数十パーセントはまかなうことが出来ます。
これはそこまでコストもかからずとても良い太陽光の利用方法とされています。
また、太陽電池を使わずして太陽光を利用する方法があります。
それはペットボトルを黒く塗り水を入れて日光にさらすことで水を温めるというものです。
自分で黒く塗らなくても、水を温める用の黒いペットボトルなどの商品も売っているのでこれを使うのもいいです。
これらの方法で太陽光をうまく活用していきましょう。