太陽発電

メリット

海とまるい太陽

近年持続可能な再生可能エネルギーの研究開発が注目されていますが、この日等に太陽光発電があります。
文字通りその発電方法は太陽光を電気エネルギーに変えるというものです。
メリットとしては、石油を使った火力発電や原子力発電に比べてとてもクリーンであることが挙げられます。
また、半永久的に供給できるところもメリットです。
しかし、デメリットとしてはソーラーパネルの初期費用がかなり高額でパネルを設置する場所やエネルギー変換効率がまだまだ低い点が挙げられます。
そこで様々な研究所がこのデメリットを克服しようと研究しています。
製造コストを下げるために新素材や太陽電池の研究、発電効率を妨げる要因の原因解明などの様々な研究をしています。
このような研究が上手な太陽光エネルギーの利用につながっていっているのです。

今後の動向としては、研究の成果によるソーラーパネルの設置費用の低コスト化や発電効率の向上が微小ではあるが向上していきます。
これまでは住宅用での設置を主に目的としていましたが、全量買取制度が実施されたことから今後は中規模における土地の設置に移り変わっていくと予測されます。
メガソーラーでの大規模発電による企画での安定的な利益の実績が後押しとなってこの動きが加速しつつあります。
固定価格買取制度などにより発電単価が高くなったことなどよって、住宅での個人での発電ではなく農地などを転用した中規模、大規模による産業的な太陽光発電が盛んに行われ、中心になることが予測されます。
このように太陽光発電は変わりつつあります。