太陽発電

売るという方法

海の上の空の太陽

太陽光発電を屋根で行うにはおよその発電量をあらかじめ計算して出しておく必要があります。全国において日射の量は地域によって違いがあります。
曇った日の多い地域や冬場に積雪が多い地域ではそれらのことも考慮する必要があります。
古い建物の場合には設置する前に周囲に足場を組んで屋根下地を補強してから設置する場合もあります。
又、住んでいる当人が居なくなったら取り壊すものであれば設置に要した費用を償還できる期間のことも検討する必要があります。
総2階などの住宅で寄棟でしかもその面積が極端に狭い場合には発電の量が少ないので検討する必要があります。
あるいは屋根の形が複雑であったり、向きが太陽光を受けるには最適な方向でなかったりする場合にはこれも検討する必要があります。
補助金も出る場合があり割安感もありますが、余分に発電した電力の買取り価格の動向にも注意しておく必要があります。
太陽光発電を行うには保証期間も以前は10年であったものが中国において25年という期間を設けたことから最近では20年から25年にまで延びて来ているようです。
設置後放置していて良いわけでもなく、一部のパネルが破損したり木の葉が積もったり、発電効率が落ちてきたりするもので、保守管理も必要になります。

太陽光発電を行う場合には、土地に余裕がある場合には住宅屋根の部分の発電だけでは不足気味であると判断した場合、カーポートや車庫、テラスや屋上部分も設置場所とすることが出来ます。
これによって売電収入がある程度見込まれる場合には住宅で融資を受けている場合ローンを毎月の売電収入から支払って行くことが可能な場合も出てきます。
太陽光発電は化石燃料と違って枯渇することなく永久的に使えるエネルギー資源であり確保も簡単なものです。又、二酸化炭素を放出しないクリーンなエネルギーとして特に注目されています。
今後はソーラーパネルの薄型化や高効率化を目指してLED照明技術や動力源と併用することによってより望ましい未来に繋がるものとされています。